中居正広“珍プレー好プレー”VTR出演にザキヤマ「来年こそは…」とエール “村神様“”ビッグボス”も出演

MCの(左から)山崎弘也、徳光和夫、佐藤隆太、進行の永島優美アナウンサー。右のパネルはナレーションのみのもんた(C)フジテレビ
MCの(左から)山崎弘也、徳光和夫、佐藤隆太、進行の永島優美アナウンサー。右のパネルはナレーションのみのもんた(C)フジテレビ

恒例の「中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2022 おかげ様で40周年!珍プレーよ永遠に…SP」(フジテレビ系)が、放送開始40周年を記念し、11日午後7時から3時間にわたって放送されるが、MCを務めた徳光和夫(審査委員長)、大のプロ野球ファンの佐藤隆太、山崎弘也(アンタッチャブル)が年内病気療養中の中居正広にエールを送った。

徳光は「彼はとても残念がっていると思う。ザキヤマさんとの名コンビがありますからね」と話し、振られた山崎は「来年こそは中居さんと一緒に番組をやるのを楽しみにしています」と呼びかけた。

審査員を務めた藤原丈一郎(なにわ男子)も「みんなが中居さんを支えるような形でいい雰囲気でできたかなと思うので、中居さんもぜひこの番組を見て元気になってくださったらなと思いますね」と声を張り上げた。

スタジオには来られないが、番組ではVTR出演の中居が選ぶ珍プレー好プレーの特別企画もある。また、プロ野球選手会の強力なバックアップのもと、現役選手約500人にアンケートを実施し、選りすぐりのプレーも届ける。

今年大活躍のヤクルト・村上宗隆(C)フジテレビ
今年大活躍のヤクルト・村上宗隆(C)フジテレビ

日本人シーズン最多本塁打56号を放ち、史上最年少で三冠王に輝いたヤクルト・村上宗隆がプレイヤーズゲストの一人として登場し「昔の映像を見る機会がなかなかないので貴重な時間だった。40周年ということでたくさん良いプレーやファンのみなさんが喜ぶプレーが見られると思うので楽しみにしてください」と自らもエンジョイ。

さらに「ワールド・ベースボール・クラシック2023」で日本代表入りが期待されるMLBロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平への思いを明かし、日本ハム・清宮幸太郎と同期トークも繰り広げる。

また、日本ハム・宇佐見真吾と結婚したももいろクローバーZ・高城れにが新庄剛志監督に「主人がお世話になっています」とあいさつすると、監督が「札幌に来るときは教えて。宇佐見君をスタメンで使うから(笑)」と禁断の約束をする場面も。番組は爆笑の連続だったが、さて今年の大賞に輝くのは?

(産経デジタル)


会員限定記事会員サービス詳細