パスタ作り続けた90年 製麺機が歴史に幕、千葉

パスタ製造会社「ニューオークボ」の工場で約90年にわたり稼働する製麺機。まもなく役目を終える=9日、千葉県柏市
パスタ製造会社「ニューオークボ」の工場で約90年にわたり稼働する製麺機。まもなく役目を終える=9日、千葉県柏市

老舗パスタ製造会社の製麺機が約90年の歴史に幕―。千葉県柏市の「ニューオークボ」は9日、工場内でのパスタ作りの様子を公開した。本場イタリアからやって来た機械は来年にも引退予定で、静かに麺をはき出す姿に従業員らは温かいまなざしを向けていた。

1933年に前身会社の社長だった故大久保仙七さんが、パスタを日本に普及させたいと一念発起して輸入した。鉄製で高さ約3メートル、臼のような部分に材料を入れて上から押し出す。週6日のペースで連日稼働し、多くの人に愛される同社のパスタを生み出してきた。

パスタ製造会社「ニューオークボ」の工場で約90年にわたり稼働する製麺機。まもなく役目を終える=9日、千葉県柏市
パスタ製造会社「ニューオークボ」の工場で約90年にわたり稼働する製麺機。まもなく役目を終える=9日、千葉県柏市

輸入当時からの高圧でプレスする製法を守り続け、今もこの作り方の麺は日本で唯一だという。

来年中に新工場を開くタイミングで役目を終える。川野裕介社長は「長年よく頑張った。日本にパスタを広めた立役者だ」とねぎらった。今後、同社で一般向けに展示する予定だという。

会員限定記事会員サービス詳細