現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

「PKO協力法」の30周年に思う 東京外国語大学教授・篠田英朗

東京外国語大の篠田英朗教授(酒巻俊介撮影)
東京外国語大の篠田英朗教授(酒巻俊介撮影)

今年は「国際平和協力法」が成立して30周年の年にあたる。これをテーマにした防衛省のシンポジウムの司会を務める機会があり、30年間にわたる自衛隊員をはじめとする関係者の方々の多大な努力に思いを寄せた。積み上げた活動実績は大きい。ただし、まだ課題もある。不毛な議論による国会の紛糾を経て、南スーダンの国連PKO活動から撤収した2017年以降、自衛隊は国際平和活動への部隊派遣をしていない。近い将来の派遣の可能性も乏しい。

国際平和協力活動は、自衛隊が実力を最大限に発揮して国際社会に貢献するだけでなく、他国の要員と協働する貴重な現場経験の場としての意義がある。現状を見据えたうえで、国際業務に豊富な経験を持つ要員が途絶えないように細やかな努力を重ねていきたい。

草創期の喧騒

ランキング

  1. 【産経抄】1月27日無料プラン記事

  2. 【主張】大雪で立ち往生 JR西は人災を猛省せよ

  3. 【緯度経度】反日に飛びつく防弾政治 黒田勝弘有料プラン記事

  4. 【主張】電気料金値上げ 原発活用で負担軽減図れ

  5. 【政界 十六夜】「派閥」より聞きたい菅氏の対中認識 石井聡有料プラン記事

  6. 【産経抄】女王陛下の発言に込められた中国へのメッセージ 5月13日

  7. 【正論】洗脳手伝ううち自分自身も洗脳 東京大学名誉教授・平川祐弘無料プラン記事

  8. 【浪速風】非難は高評価の証拠

  9. 【佐藤優の世界裏舞台】日本にもいるかもしれない殉教に魅力感じる自殺願望者…テロ対策先進国のイスラエルと連携を

  10. 【iRONNA発】パンダのレンタル料は2頭で年1億円! 中国の「パンダ外交」に隠された思惑とは? 経済評論家・上念司