前大統領、予備拘束7日 ペルー、亡命の恐れ指摘

ペルーのペドロ・カスティジョ前大統領(AP=共同)
ペルーのペドロ・カスティジョ前大統領(AP=共同)

南米ペルーの裁判所は8日、議会の解散を強行するなどして「クーデター」を企てたとして国家反逆や陰謀などの容疑に問われたカスティジョ前大統領について、検察が要求した7日間の予備的拘束を認めた。メキシコへの亡命の恐れがあることを理由にした。現地メディアが報じた。

カスティジョ氏は7日、突如議会の解散や臨時政府の樹立などを宣言、その後国会の議決で罷免された。罷免後、メキシコへの亡命を目指して同国大使館に向かっているところを警察に拘束された。

カスティジョ氏は、在任中の人権侵害事件で服役中のフジモリ元大統領と同じリマ郊外の警察施設に勾留されている。(共同)

ペルー大統領を罷免 副大統領が初の女性大統領に昇格

会員限定記事会員サービス詳細