女子大生殺害容疑で逮捕の2人に行方不明届 年も住所もばらばらの4人の関係は?

名古屋市のホテルで大学生の女性(20)が殺害された事件で、愛知県警が殺人容疑で逮捕した3人のうち、福島県伊達市のパート、渡辺真由美容疑者(39)と兵庫県姫路市の大学生の女(18)の2人に行方不明届が出されていたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。愛知県警は同日、3人を送検した。

捜査関係者によると、届け出は今月、両容疑者の親族が出した。女性と3人は交流サイト(SNS)を通じて知り合ったとみられ、県警は年齢や住所がばらばらの4人が名古屋市に集まった目的や関係を調べる。

他に逮捕されたのは自称愛知県安城市の派遣社員、鈴木健太容疑者(48)。

6日正午過ぎ、女性が客室のベッドの上で倒れているのをホテル従業員が見つけた。女性と逮捕された3人はこの客室を含む2部屋に滞在していた。司法解剖の結果、死因は急性呼吸不全だった。

会員限定記事会員サービス詳細