ディオンさんが難病告白 ツアー延期、歌唱困難

自身の症状についてファンに説明する歌手セリーヌ・ディオンさん(ロイター)
自身の症状についてファンに説明する歌手セリーヌ・ディオンさん(ロイター)

世界的に知られるカナダ出身の歌手セリーヌ・ディオンさん(54)は8日、インスタグラムへの投稿で、痛みを伴う筋肉の硬直やけいれんなどの症状が出る難病「スティッフパーソン症候群」だと診断されたことを明らかにし、来年のツアーの延期や中止を発表した。

ディオンさんは英語とフランス語でビデオメッセージを投稿し「(病気は)日常生活のあらゆる面に影響を与えている」と沈痛な面持ちで告白。歌唱の際に声帯をうまく使えないほか、歩行にも困難を来していると明らかにした。

来年は2月から予定していたツアーを2024年に延期し、一部はキャンセルする。ディオンさんは「みなさんにお会いすること、ステージに立つことが恋しい」と声を震わせ、当面は闘病に専念する意向を示した。

ディオンさんは大ヒットした映画「タイタニック」のテーマ曲「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」などで知られる。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細