現役ドラフト初実施 楽天のオコエら12選手が移籍

楽天・オコエ瑠偉(撮影・小倉元司)
楽天・オコエ瑠偉(撮影・小倉元司)

出場機会に恵まれない選手の移籍を活性化させるための制度「現役ドラフト」が9日、初めて実施され、巨人が楽天のオコエ瑠偉外野手、西武が阪神の陽川尚将内野手、広島が巨人の戸根千明投手を獲得するなど12選手の移籍が発表された。2巡目の指名は実施されなかった。

現役ドラフトは、12球団が2日の保留者名簿提出後に2人以上の選手を出し合い、各球団とも必ず1人以上を指名、獲得する。フリーエージェント(FA)権を取得している選手や育成選手などは対象外で、非公開で行われた。

同制度は選手の出場機会を増やそうと、日本プロ野球選手会が導入を要望していた。

<速報>プロ野球2022「現役ドラフト」 12球団の指名選手一覧

会員限定記事会員サービス詳細