動画

皇后さま59歳お誕生日 再開した地方訪問「想像以上にうれしくありがたい」

59歳の誕生日に際し、天皇陛下とともに記念撮影に応じられる皇后さま=5日午後、皇居・御所(宮内庁提供)
59歳の誕生日に際し、天皇陛下とともに記念撮影に応じられる皇后さま=5日午後、皇居・御所(宮内庁提供)

皇后さまは9日、59歳の誕生日を迎え、宮内庁を通じて感想を文書で公表された。新型コロナウイルス禍でこれまで見送られてきた地方訪問が再開したことについて、「各地で大勢の方に笑顔で温かく迎えていただいたことは、想像していた以上に嬉しく、また、有り難いこと」と振り返られた。

皇后さまは今年10、11月に栃木、沖縄、兵庫の3県を訪れたほか、エリザベス英女王の国葬参列のため、9月に英国をご訪問。昨年は6件にとどまった都内への訪問も今年は25件に増加し、昨年は機会がなかった外国元首との会見にも臨まれた。

沖縄訪問では南部戦跡を訪ね、その後、かりゆしのシャツに着替えて県民と交流される機会も。皇后さまは文書で訪問できたことを喜ぶとともに、「平和の尊さや大切さを改めて心に深く刻む機会になりました」とつづられた。

一方、今年は世界各地で戦争や災害が相次いだことにもご言及。「皆が相手を尊重しつつ力を合わせていくことの大切さを身に沁みて感じております」との思いを明かされた。

また、平成5年に29歳と半年で結婚し、今年で「人生のちょうど半分ほどを皇室で過ごしてきたことに、感慨を覚えております」とご述懐。「たくさんの喜びの時とともに、ときには悲しみの時も経ながら歩んできた」と振り返り、天皇陛下をはじめ多くの人に「見守っていただいてきたことを思い、心から感謝したい」とされた。

宮内庁は9日、療養を続けている皇后さまのご体調について「快復の途上」にあるとする医師団の見解を公表。昨年までの表現を踏襲しつつ、改めて周囲の「理解と支援」のもと、治療を受けられる必要があると強調した。

会員限定記事会員サービス詳細