内出血が致命傷、腹圧迫か 福島の老人ホーム殺人事件

福島県警本部(内田優作撮影)
福島県警本部(内田優作撮影)

福島県小野町の特別養護老人ホーム「つつじの里」に入所していた植田タミ子さん(94)を暴行して殺害したとして、殺人容疑で職員の介護福祉士冨沢伸一容疑者(41)が逮捕された事件で、植田さんは腹部の内出血が致命傷になったことが8日、捜査関係者への取材で分かった。県警は腹部を強く圧迫されたとみて調べる。

県警によると、容疑者は「体を押したが、殺すつもりはなかった」と殺意を否認している。

逮捕容疑は施設で当直勤務をしていた10月8日夜~9日朝、植田さんを暴行して殺害した疑い。施設側の説明では、主治医は老衰死と判断。しかし県警によると、10日に施設関係者から「体にあざがある」と通報が寄せられ、司法解剖の結果、外傷による出血性ショックと判明した。

県高齢福祉課によると、この施設に関して虐待の情報はなく、2020年10月に県による定期監査が行われた際も改善を要する事項はなかったという。

会員限定記事会員サービス詳細