フォト

北京への移動規制緩和 コンビニ入店チェックなし

北京駅の到着口から出てくる人たち=8日(共同)
北京駅の到着口から出てくる人たち=8日(共同)

北京市政府は7日、新型コロナウイルス対策として続けてきた国内各地から北京への移動規制を緩和すると発表した。PCR検査の陰性証明がなくても北京に入れるようにする。中国政府が同日「ゼロコロナ」政策の大幅緩和を打ち出したことを受けた措置。経済活動の回復を狙う。北京市内でもコンビニ入店時の陰性チェックが無くなるなど制限をなくす動きが広がった。

これまでは48時間以内に取得した陰性証明のほか、感染リスクが高い地域の滞在歴がないことを証明するスマートフォンの専用アプリ画面の提示を求めていた。中国メディアによると鉄道の切符は7日夜の時点で既に、こうした証明がなくても買えるようになった。

北京市内でPCR検査に並ぶ人たち=3日(共同)
北京市内でPCR検査に並ぶ人たち=3日(共同)

北京到着後に3日連続で義務付けていたPCR検査も免除する。北京市内でも8日、政府の一連の緩和策により、陰性証明の提示免除などの動きが広がった。(共同)

大きな荷物を持って北京駅前を歩く人たち=8日(共同)
大きな荷物を持って北京駅前を歩く人たち=8日(共同)
店内飲食を再開した北京市内の飲食店=7日(共同)
店内飲食を再開した北京市内の飲食店=7日(共同)
荷物を手に北京駅前を歩く人=8日(共同)
荷物を手に北京駅前を歩く人=8日(共同)
入店時に新型コロナの陰性証明を提示する必要がなくなった北京市内のコンビニ=8日(共同)
入店時に新型コロナの陰性証明を提示する必要がなくなった北京市内のコンビニ=8日(共同)
8日、マスクを着け地下鉄の駅に向かう人たち =中国・上海(ロイター)
8日、マスクを着け地下鉄の駅に向かう人たち =中国・上海(ロイター)
8日、マスクを着け中国・上海市内を歩く人たち(ロイター)
8日、マスクを着け中国・上海市内を歩く人たち(ロイター)
8日、マスクを着け地下鉄駅を歩く人たち =中国・上海(ロイター)
8日、マスクを着け地下鉄駅を歩く人たち =中国・上海(ロイター)
8日、マスクを着け中国・上海市内を歩く人たち(ロイター)
8日、マスクを着け中国・上海市内を歩く人たち(ロイター)

会員限定記事会員サービス詳細