ナスカ地上絵168点発見 山形大、ドローンやAI活用で

山形大研究グループがナスカ台地でドローンを使って撮影した、人を描いた地上絵。画面下部にスケールが写っている(同大提供)
山形大研究グループがナスカ台地でドローンを使って撮影した、人を描いた地上絵。画面下部にスケールが写っている(同大提供)

山形大は8日、坂井正人教授(文化人類学)の研究グループが世界遺産「ナスカの地上絵」で知られる南米ペルーのナスカ台地とナスカ市街地付近で、人間や鳥などの新たな地上絵168点を見つけたと発表した。調査にはドローンや人工知能(AI)を活用した。

現地の考古学者らとの共同調査で2019~20年に発見した。約3割は人の形をした絵で、ネコ科動物やヘビも見つかった。グループは以前も新たな絵を見つけており、今回で計358点になったという。

山形大研究グループがナスカ台地でドローンを使って撮影した、人を描いた地上絵に輪郭を画像加工したもの。画面下部にスケールが、左上に方角を示す記号も描き込まれている(同大提供)
山形大研究グループがナスカ台地でドローンを使って撮影した、人を描いた地上絵に輪郭を画像加工したもの。画面下部にスケールが、左上に方角を示す記号も描き込まれている(同大提供)

調査では、AIが航空写真を解析して絵のありそうな場所を絞り込み、人間が現場で確認した。

坂井氏は記者会見で、一帯では鉱山関係施設などの開発が進んでいると指摘。「絵と知らずに壊されることもある。観光地化するなどして魅力あるまちにできないか」と述べ、保護が重要だとの考えを示した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細