愛内里菜さん芸名使用可能 事務所の差し止め請求棄却

愛内里菜さん(本人提供)
愛内里菜さん(本人提供)

歌手の愛内里菜さんが専属契約を結んだ事務所に無断で芸名を使い活動しているとして、事務所「ギザアーティスト」(大阪市西区)が愛内さんに使用差し止めを求めた訴訟の判決で、東京地裁(飛沢知行裁判長)は8日、請求を棄却した。

訴状によると、愛内さんは平成16年に事務所と専属契約を締結。契約期間や終了した後、事務所の承諾なしに芸名を使うことを禁じる条項があった。22年に活動を休止し、別の芸名を使った後、昨年3月に再び愛内里菜として活動すると発表した。

愛内さんは男性プロデューサーからセクハラを受けたとして事務所に損害賠償を求める訴訟を起こし、今年10月の大阪地裁判決は被害の事実を認めず、請求を棄却した。

愛内里菜さん敗訴、セクハラ被害認めず 大阪地裁


会員限定記事会員サービス詳細