映画監督の吉田喜重さんが死去 「秋津温泉」など

吉田喜重さん
吉田喜重さん

「松竹ヌーベルバーグ」の旗手として国内外で活躍した映画監督の吉田喜重(よしだ・よししげ)さんが8日、肺炎のため死去した。89歳。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は妻の俳優、岡田茉莉子(おかだ・まりこ)さん。

松竹大船撮影所で木下恵介監督らに師事し、昭和35年に監督デビュー。「秋津温泉」「日本脱出」などを手がけ、大島渚監督、篠田正浩監督らとともに「松竹ヌーベルバーグ」と呼ばれた。

39年、岡田さんと結婚。41年に現代映画社を設立し「エロス+虐殺」「戒厳令」などを発表した。「人間の約束」で芸術選奨文部大臣賞。著書に「小津安二郎の反映画」。

会員限定記事会員サービス詳細