一家4人心中火災 被疑者不詳の殺人容疑で近く書類送検 警視庁

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

東京都東村山市で今年5月、住人の一家4人が死亡した民家火災があり、その後、焼け跡から死後1年以上が経過した遺体が見つかった事件で、警視庁は8日、殺人容疑で、近く被疑者不詳のまま書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。火災は放火で、遺体も家族の1人と判明。無理心中の放火や遺体の放置に家族以外の介在はないと断定されたが、被疑者の明確な特定はできなかった。

火災は今年5月9日午前3時15分ごろ、65歳の男性宅であった。2階建て住宅が全焼し、男性のほか、同居の妻(64)と次男(36)、四男(26)が一酸化炭素中毒で死亡した。発見時、4人は、同じ2階の寝室であおむけで倒れていた。

捜査関係者によると、現場の状況などから、男性が1階と自分自身や家族に灯油をまいてライターで火を付け無理心中を図った可能性が高いが、最終的な特定はできなかった。第三者の介在はないと判断された。

出火の約20分前には、警視庁のホームページの情報提供窓口に《放火焼身心中》というメッセージが送られていた。送り主は一家の名字が記され、捜査1課は家族の誰かが送信したとみている。

当初男性宅は、火災で死亡した4人暮らしとみられていたが、5月24日に、住宅を解体していた業者が1階の3畳間の洋室から、毛布のようなものにくるまれた三男(30)の遺体を発見した。遺体は白骨化せず長期間酸素に触れないことで、ろうのように変化する「屍蝋化(しろうか)」した状態で、司法解剖の結果から死後1年以上が経過していたことが分かった。

捜査1課は、三男の死因は病死と断定。一家は三男が死亡した後に葬儀をせず遺体を自宅内に保管していたが、その経緯も明確に特定できなかったという。

三男の死は未解明 収入源絶たれ困窮し一家心中か

会員限定記事会員サービス詳細