現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

12月8日

ロシア南西部クルスク州の州都クルスク郊外の空港周辺で立ち上る煙(クルスク州提供、AP)
ロシア南西部クルスク州の州都クルスク郊外の空港周辺で立ち上る煙(クルスク州提供、AP)

郵便局から手紙や小包がドローンで届く。山間部や離島では数年後、こんな光景が見られそうだ。昨日の小紙の記事によれば、日本郵便などが物流専用ドローンの開発を進めている。最大5キロまでの荷物を積載して約35キロまで飛行できる。

▼別の紙面では、そのドローンが、ウクライナ侵略を続けるロシアの2つの空軍基地で爆発を起こした事実を伝えていた。ロシア国防省はウクライナ軍の攻撃を受けたと発表した。事実なら、国境から450キロも離れた内陸部まで入り込んだドローンを撃ち落とせなかったことになる。ロシアの受けた衝撃は大きいだろう。

▼日本学術会議は今年7月、民生用と軍事用のどちらにも利用可能な「デュアルユース」の先端科学技術とそれ以外の技術を「単純に二分することはもはや困難」とする文書を発表した。郵便配達もすれば、恐ろしい兵器にもなるドローンの例を見ても、ごく当たり前の見解である。

ランキング

  1. 【大手町の片隅から】なぜ共産党は激高するのか コラボ問題の国会質問に 乾正人

  2. 【ソウルからヨボセヨ】今さら〝戦犯企業〟だと?

  3. 【産経抄】2月4日無料プラン記事

  4. 【緯度経度】反日に飛びつく防弾政治 黒田勝弘有料プラン記事

  5. 【直球&曲球】野口健 娘とともに「山は人を育てる」実感

  6. 【正論】歴史の類比と日本の備えを問う 同志社大学教授・村田晃嗣無料プラン記事

  7. 【記者発】伝統芸能の扉開くSNSに期待 大阪文化部・田中佐和

  8. 【日曜に書く】大阪の過去・現在・未来 論説委員・福島敏雄

  9. 【石原慎太郎 日本よ】「モルヒネ」すら携帯できぬ衛生兵 気の毒な日本の自衛隊

  10. 【産経抄】2月2日無料プラン記事