現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

アディショナルタイム

「大けが」でサッカー界に名を残したモロッコ代表選手

PK戦の末にスペインを破って準々決勝進出を決め、駆け出すハキミ(2)らモロッコイレブン=アルラヤン(共同)
PK戦の末にスペインを破って準々決勝進出を決め、駆け出すハキミ(2)らモロッコイレブン=アルラヤン(共同)

決勝トーナメント1回戦でスペイン代表を退けたモロッコ代表の躍進に沸くワールドカップ(W杯)カタール大会だが、サッカー史に大きな影響を与えた元モロッコ代表の選手がいるのをご存じだろうか。名前はアブデルマジド・ウルメルス。この時点でピンときたら、かなりのサッカー通だろう。

ウルメルスを有名にしたのは、プレーではない。2004年11月に行われたブルキナファソとの国際親善試合で負った全治8カ月の大けがが、ウルメルスの名前を後世に語り継がれるものにした。

当時、ウルメルスが所属していたベルギー1部リーグのシャルルロワは、モロッコ代表チームでの活動中の大けがによって、中心選手だったウルメルスが自チームでプレーできなくなり、リーグ優勝を逃すなど多大な損失を被ったとして、損害賠償を請求。当時の欧州ビッグクラブの非公式の連合体「G14」がシャルルロワ支援に乗り出し、国際サッカー連盟(FIFA)を訴える事態に発展した。G14は自らが多額の移籍金を支払って獲得した選手をFIFAが「代表活動」の名前のもとに、気ままに招集すること自体に反発を強めていた。

ランキング

  1. 3年ぶり「舞いあがれ!」 コロナ終息願い福原遥さんや赤楚衛二さんら豆まき 大阪成田山不動尊

  2. 【私の受験時代】米大学院に進学したビリギャルは語る「地頭じゃない。環境だよ」小林さやかさん

  3. 田辺三菱製薬、コロナワクチン撤退 カナダで承認も商用化を断念

  4. 包丁刺さった高齢女性遺体 61歳男逮捕、山口・防府

  5. 「前から狙われていた」事前に特殊詐欺電話、広域強盗に酷似 対策どうすれば…

  6. MBSの高井美紀アナ死去 55歳、「VOICE」「皇室アルバム」を担当

  7. 崖っぷちの共産、大阪府議選で議席ゼロか 「異論許さぬ体質要因」有料プラン記事

  8. 3歳弟踏みつけ死なせた24歳姉が語った「劣悪」環境

  9. 【私の受験時代】見返したい、その一心で9浪で早稲田大 濱井正吾(9浪はまい)さん

  10. 【World衝撃】人類を救う「ゴキブリのミルク」…栄養は牛乳の3倍、スーパーフード