「英雄視に不満」安倍氏銃撃容疑者殺害予告の男、起訴内容認める

大阪地方裁判所
大阪地方裁判所

安倍晋三元首相を銃撃したとして殺人容疑で送検された山上徹也容疑者(42)を「殺しに行く」と鑑定留置先の大阪拘置所(大阪市都島区)に電話したとして、威力業務妨害罪に問われた無職の男(40)の初公判が8日、大阪地裁(末弘陽一裁判官)で開かれた。男は起訴内容を認め、検察側は懲役1年6月を求刑して即日結審した。判決は22日。

男は被告人質問で、「山上容疑者を悲劇のヒーローのように擁護する社会の風潮が不満だった」と述べ、「酒を飲みすぎて気が大きくなり、後先を考えずに鬱憤を晴らしてしまった」と動機を語った。

検察側は「拘置所に重大な影響を与えた」と指摘。弁護側は、男には発達障害の診断歴があるとした上で「真摯(しんし)に反省している」とし、執行猶予を求めた。

起訴状などによると、9月18日夜、石川県内の自宅から大阪拘置所に「安倍さんを殺した山上は殺さないといけない」「爆弾だって作れますよ」などと電話。警備を強化させ、業務を妨害したとしている。

会員限定記事会員サービス詳細