宮崎県知事選告示 3氏が届け出

宮崎県庁
宮崎県庁

任期満了に伴う宮崎県知事選が8日告示され、返り咲きを目指す元職の東国原英夫氏(65)▷4選を目指す現職の河野俊嗣氏(58)=公明推薦▷新人で政治団体代表のスーパークレイジー君(本名・西本誠)氏(36)-の無所属3人が立候補を届け出た。投開票は25日。

タレントから転身し平成19年から知事を1期4年務めた東国原氏と、当時副知事として支えた河野氏の事実上の一騎打ち。3期12年の河野氏の県政運営に対する評価などが争点。

東国原氏は組織や団体の後押しがない一方、かつての有志らが各地で支援。河野氏へは公明党推薦のほか社民党が支持し、自民、立憲民主の両党県連が推薦。連合や地元経済団体も支援する。スーパークレイジー君氏は、交流サイト(SNS)を中心に子育て支援拡充を訴え、若者票の掘り起こしを狙う。

会員限定記事会員サービス詳細