藤井五冠が挑戦者決定戦進出 棋王戦

終局後、感想戦に臨む藤井聡太五冠(左)と羽生善治九段=8日、東京・千駄ケ谷の将棋会館(日本将棋連盟提供)
終局後、感想戦に臨む藤井聡太五冠(左)と羽生善治九段=8日、東京・千駄ケ谷の将棋会館(日本将棋連盟提供)

将棋の渡辺明棋王(38)=名人=の挑戦権を争う第48期棋王戦挑戦者決定トーナメントは8日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で敗者復活戦決勝が指され、棋王初挑戦を目指す藤井聡太五冠(20)=棋聖・竜王・王位・叡王・王将=が先手の羽生善治九段(52)に128手で勝利した。

藤井五冠は挑戦者決定二番勝負で佐藤天彦九段(34)と対戦する。挑戦者決定戦は変則二番勝負で、本戦優勝の佐藤九段は2局のうち1局勝てば挑戦権を得る。年度内6冠が懸かる藤井五冠は2連勝が挑戦の条件となる。

敗れた羽生九段は、王将戦に続くタイトル挑戦権獲得はならなかった。

両者は来年1月開幕の第72期王将戦七番勝負で対戦することが決まっており、前哨戦ともいえる本局は藤井五冠が制した。

終局後、藤井五冠は「激しい展開になって際どいと思って指していた。(挑戦者決定戦では)第2局まで持ち込んで盛り上げられるよう頑張りたい」、羽生九段は「(今期の棋王戦は)久しぶりに良い所まで勝ち上がれたが、まだまだ力が足りないと思った」と、それぞれ語った。

会員限定記事会員サービス詳細