立民・山井氏、救済法案は「歴史的な一歩」

旧統一教会問題の被害者救済法案を審議する衆院消費者問題特別委=8日午前、国会内(矢島康弘撮影)
旧統一教会問題の被害者救済法案を審議する衆院消費者問題特別委=8日午前、国会内(矢島康弘撮影)

立憲民主党の山井和則氏は8日午前の衆院消費者問題特別委員会で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡る被害者救済法案について「不十分な部分はあるが、一歩前進の法案だ。歴史的な一歩だ」と評価した。立民は法案に賛成する方針だ。

会員限定記事会員サービス詳細