10月経常赤字641億円 9カ月ぶり、輸入大幅増 円安、原油高響く

財務省=東京都千代田区霞が関(飯田英男撮影)
財務省=東京都千代田区霞が関(飯田英男撮影)

財務省が8日発表した10月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支は641億円の赤字だった。赤字は9カ月ぶり。円安進行と原油高で輸入額が大幅に増加し、貿易収支が悪化した。

経常収支のうち、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は1兆8754億円の赤字だった。輸出は26・9%増の8兆9892億円、輸入は56・9%増の10兆8646億円だった。

会員限定記事会員サービス詳細