大麻所持疑いで自衛官らを逮捕 レスリングで全日本選抜優勝

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

大麻を所持したとして、警視庁が大麻取締法違反の疑いで、陸上自衛隊朝霞駐屯地の自衛隊体育学校に所属する向井識起容疑者(22)と善積築久容疑者(23)を逮捕していたことが7日、警視庁渋谷署への取材で分かった。向井容疑者は昨年行われた全日本選抜レスリング選手権大会のグレコローマンスタイル82キロ級で優勝したほか、国際大会にも出場していた。

渋谷署によると、2人は先月27日、東京都渋谷区内で警視庁の捜査員が職務質問をしたところ、大麻とみられるものを所持していたという。鑑定の結果、大麻と分かり、同30日に逮捕したという。

レスリング全日本選抜は松雪泰、古市が初優勝

会員限定記事会員サービス詳細