東名であおり運転疑いの男性を釈放、神奈川県警が任意捜査

神奈川県警本部
神奈川県警本部

東名高速道路であおり運転を繰り返し、計3台を道路上に停車させたとして、道交法違反の疑いで逮捕されたさいたま市の男性(57)が7日、釈放されたことが神奈川県警への取材で分かった。男性は容疑を認めており、県警は任意で捜査を続ける。横浜地検は釈放について、捜査中であることを理由に明らかにしていない。

県警は6日、横浜市から東京都世田谷区にかけての東名高速道路で2月、割り込んで減速し、止まる行為を繰り返して計3台を停車させたとして逮捕していた。

会員限定記事会員サービス詳細