町議が捜査情報漏洩、加重収賄容疑で逮捕 徳島

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

捜査機関の捜査情報を役場から入手し、大麻密売グループに漏らした見返りに現金を受け取ったとして、大阪府警は加重収賄などの疑いで徳島県藍住町(あいずみちょう)の町議、平石賢治容疑者(45)を逮捕した。また贈賄容疑などで大阪を拠点とするグループのメンバーの男を7日に逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。平石容疑者の逮捕は5日。

捜査関係者によると、平石容疑者は、捜査機関が捜査していたグループの事件に関する情報を、町役場の職員から入手して、グループの男に伝えた見返りに、現金を受け取った疑いが持たれている。

グループを巡っては、これまでに府警などが大阪の民泊施設に大麻を大量に保管していたとして、大麻取締法違反容疑などで、住居不定、無職の金太士(たいし)容疑者(52)=韓国籍=ら男女15人を逮捕。グループは交流サイト(SNS)を通じて客を募り、宅配便で大阪や徳島、香川などに送っていたという。

捜査関係者によると、このグループの捜査過程で、平石容疑者とメンバーの間で現金の授受があったことが判明。平石容疑者はこのグループのメンバーと以前から接点があったとみられ、グループに関する捜査情報を漏らしていたという。府警は詳しい経緯を調べている。

同町によると、平石容疑者は平成20年に初当選し、現在4期目。副議長を務めている。6日に開かれた町議会の本会議には欠席していた。

会員限定記事会員サービス詳細