民主ウォーノック氏勝利宣言 米上院選、共和候補は敗北認める

上院選決選投票で勝利した民主党現職ラファエル・ウォーノック氏=6日、ジョージア州アトランタ(ゲッティ=共同)
上院選決選投票で勝利した民主党現職ラファエル・ウォーノック氏=6日、ジョージア州アトランタ(ゲッティ=共同)

【アトランタ(南部ジョージア州)=渡辺浩生】南部ジョージア州の連邦上院選の決選投票で勝利が確定した民主党現職、ラファエル・ウォーノック氏は6日深夜、支持者の前で「われわれの任務は困難で問題は単純ではないが、皆さんに約束する。私はあなたたちとともに歩いていく」と語り、勝利宣言した。

ウォーノック氏は「あなたたちが私に投票したか否かに関係なく、すべてのジョージアのために働く」と述べ、社会保障の充実などを超党派で取り組みたいと強調した。

敗れた共和党候補でプロフットボールの元スター選手、ハーシェル・ウォーカー氏は同日深夜、支持者の前で敗北を認め、「夢は諦めてはならない。米国を信じ、憲法を信じよう。私のチーム全員に感謝する」と呼びかけた。

会員限定記事会員サービス詳細