どちらが「埼玉で有名なヤンキー」か争い、中2男子を暴行、容疑で組員ら11人逮捕

埼玉県警本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)
埼玉県警本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)

どちらが「有名なヤンキー」か争ったことを発端に、埼玉県川口市の中学2年の男子生徒(14)を路上で暴行し、3カ月の重傷を負わせたとして、埼玉県警は7日までに、監禁や傷害の疑いで、少女(15)や暴力団組員の男(25)ら11人を逮捕した。

県警によると、交流サイト(SNS)で男子生徒と逮捕された少女が「埼玉で有名なヤンキーだ」「私の方が有名」などとトラブルになった。

10月1日夜にJR蕨駅(同県蕨市)近くで口論となり、少女が知り合いの組員の男に連絡。この時は人数が集まらずいったん引き下がったが、翌2日未明に20人以上で男子生徒の自宅を訪れ、車で連れ去ったという。

逮捕容疑は10月2日午前、さいたま市の路上などで男子生徒の顔や体を殴り、肋骨(ろっこつ)を折るなどのけがを負わせたとしている。

会員限定記事会員サービス詳細