大阪・東心斎橋で組員殺害 容疑でペルー人の男逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

大阪市中央区東心斎橋の雑居ビル敷地内で5月、山口組系3次団体幹部の関将孝組員(48)の遺体が見つかった事件で、大阪府警捜査4課は7日、殺人などの疑いで、ペルー国籍の住居不定、無職、ウエス・ギネス・リカルド・アンキー容疑者(49)を逮捕した。「弁護士と相談するまで何も答えません」と供述、黙秘しているという。

逮捕容疑は5月8日午後2時ごろ、ビル5階の階段踊り場で、関組員の頭をビール瓶のようなもので複数回にわたって殴ったうえ、ビルの階段から落下させて殺害したとしている。

同課によると、関組員とリカルド容疑者はビル内の飲食店でトラブルになっていたという。

会員限定記事会員サービス詳細