父の遺体をこたつに1年間放置、容疑で57歳男を逮捕 「人と関わりたくなかった」

前橋市大手町の群馬県警本部
前橋市大手町の群馬県警本部

群馬県警前橋東署は7日、昨年4月には亡くなっていた父親=当時(93)=の遺体を、今年4月まで放置したとして、死体遺棄容疑で、前橋市堀越町、無職、関口泰宏容疑者(57)を逮捕した。署によると、2人暮らしだった。「人と関わりたくなくて通報しなかった」と説明したという。

逮捕容疑は、昨年4月上旬ごろには父の暹さんが死亡していたにもかかわらず、放置したとしている。遺体は白骨化しており、居間のこたつに下半身を入れた状態で見つかった。

今年4月15日、自宅を訪れた地域包括支援センターの職員が遺体を見つけ110番通報した。署が司法解剖などで死亡の経緯を調べ、逮捕した。

体調悪化の元夫を放置、死なせた疑い 87歳女を逮捕

寝たきりの同居男性を放置 死体遺棄容疑の女性、不起訴に

会員限定記事会員サービス詳細