日中フォーラムが開幕 国交50年、関係在り方探る

「東京―北京フォーラム」で、ビデオメッセージを寄せる林外相=7日午前、東京都港区
「東京―北京フォーラム」で、ビデオメッセージを寄せる林外相=7日午前、東京都港区

日中両国の政財界人や有識者ら約100人が政治・外交や経済などを議論する「東京―北京フォーラム」が7日、開幕した。東京と北京の2会場をオンラインで結んで行われ、中国の王毅国務委員兼外相がビデオメッセージを寄せる。

「世界の平和と国際協調の修復に向けた日中両国の責任」をテーマに8日まで開催。日中国交正常化50周年の節目に、今後の日中関係のあるべき方向性を探るのが狙い。政治・外交、安全保障、メディアなどの分科会ごとに、両国のパネリストが意見交換する。

フォーラムは日本の民間非営利団体「言論NPO」と中国国際出版集団が主催。2005年から毎年開催され今年で18回目。新型コロナウイルス感染症の影響で20年からオンライン方式が続いている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細