動画

また露領内にドローン攻撃、飛行場のタンク炎上 英国防省「戦略的に最も重要な失敗」

6日、ドローン(無人機)攻撃を受けたとされるロシア西部クルスク州の空港から上がる炎と煙(同国の独立系メディア「オストロージュナ・ノーボスチ」提供、ロイター)
6日、ドローン(無人機)攻撃を受けたとされるロシア西部クルスク州の空港から上がる炎と煙(同国の独立系メディア「オストロージュナ・ノーボスチ」提供、ロイター)

ロシア西部クルスク州の飛行場にドローン(無人機)の攻撃があり、石油タンクが炎上した。前日にもロシアの空軍基地2カ所でドローン攻撃があったばかり。英国防省は6日、「もしロシアが今回の事案を意図的なものと評価するならば、おそらくウクライナ侵攻以来、戦略的に最も重要な戦力防御の失敗と捉えるだろう」と分析している。

会員限定記事会員サービス詳細