現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

12月7日

今年5月に80歳で世を去ったイビチャ・オシムさんは、1990年のサッカーW杯イタリア大会でユーゴスラビア代表の監督を務めていた。準々決勝でマラドーナ擁するアルゼンチン代表と死闘を繰り広げ、PK戦で敗れる。

▼「どうして素晴らしい120分間の戦いについてではなく、PK戦のことばかり聞くんだ」。オシムさんは試合後の会見でいら立っていたそうだ。実はPK戦が決まると、選手は次々にスパイクを脱ぎ始めた。蹴りたくない、の意思表示である。

▼宗教や言語の異なる6つの共和国で構成された旧ユーゴには、解体、内戦の危機が迫っていた。各民族を代表していた選手にとって失敗は許されなかった。選手の重圧を理解しながらも指名し、ロッカールームで結果を知った。オシムさんにとって苦い経験である。日本の代表監督になってからもPK戦を一切見なかった。

ランキング

  1. 【緯度経度】反日に飛びつく防弾政治 黒田勝弘有料プラン記事

  2. 【産経抄】1月27日無料プラン記事

  3. 【政界 十六夜】「派閥」より聞きたい菅氏の対中認識 石井聡有料プラン記事

  4. 【浪速風】非難は高評価の証拠

  5. 【主張】大雪で立ち往生 JR西は人災を猛省せよ

  6. 【正論】洗脳手伝ううち自分自身も洗脳 東京大学名誉教授・平川祐弘無料プラン記事

  7. 【主張】電気料金値上げ 原発活用で負担軽減図れ

  8. 【マーライオンの目】バリ島に戻ってこない日本人 タクシー運転手は韓国語を勉強

  9. 【産経抄】1月26日無料プラン記事

  10. 【iRONNA発】開発秘話「NHKだけ映らないアンテナ」はこうして生まれた! 掛谷英紀(筑波大学准教授)