現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

12月7日

今年5月に80歳で世を去ったイビチャ・オシムさんは、1990年のサッカーW杯イタリア大会でユーゴスラビア代表の監督を務めていた。準々決勝でマラドーナ擁するアルゼンチン代表と死闘を繰り広げ、PK戦で敗れる。

▼「どうして素晴らしい120分間の戦いについてではなく、PK戦のことばかり聞くんだ」。オシムさんは試合後の会見でいら立っていたそうだ。実はPK戦が決まると、選手は次々にスパイクを脱ぎ始めた。蹴りたくない、の意思表示である。

▼宗教や言語の異なる6つの共和国で構成された旧ユーゴには、解体、内戦の危機が迫っていた。各民族を代表していた選手にとって失敗は許されなかった。選手の重圧を理解しながらも指名し、ロッカールームで結果を知った。オシムさんにとって苦い経験である。日本の代表監督になってからもPK戦を一切見なかった。

ランキング

  1. 【大手町の片隅から】なぜ共産党は激高するのか コラボ問題の国会質問に 乾正人

  2. 【ソウルからヨボセヨ】今さら〝戦犯企業〟だと?

  3. 【産経抄】2月4日無料プラン記事

  4. 【主張】電力の不正閲覧 原発活用に水差す行為だ

  5. 【産経抄】2月3日無料プラン記事

  6. 【主張】ミャンマー軍政 米欧と協調し圧力高めよ

  7. 【緯度経度】日本の戦史研究にいそしむ中国 古森義久有料プラン記事

  8. 【主張】日教組教研集会 まだ偏向指導続けるのか

  9. 【正論】半導体規制、「対中」を避けるな 明星大学教授・細川昌彦無料プラン記事

  10. 【石平のChina Watch】怪しげな「人口80%感染説」有料プラン記事