マツダ11月中国販売60%減 20カ月連続マイナス

マツダのロゴ
マツダのロゴ

マツダが7日発表した中国市場の11月の新車販売台数は、前年同月比59・6%減の5959台だった。前年実績を下回るのは20カ月連続。当局の厳格な新型コロナウイルス対策に伴う外出制限の影響で、販売低迷に歯止めがかからないでいる。

11月は既に発表したトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車も軒並みマイナスとなった。供給網が混乱し、各地で販売店も休業を余儀なくされた。

11月の中国市場全体の新車販売台数は、中国自動車工業協会が9日に発表する。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細