林外相「国民交流をしっかり戻す」 日中フォーラムにビデオメッセージ

「東京―北京フォーラム」で、ビデオメッセージを寄せる林外相=7日午前、東京都港区
「東京―北京フォーラム」で、ビデオメッセージを寄せる林外相=7日午前、東京都港区

日中両国の政財界人や有識者らが議論する「東京―北京フォーラム」が7日、開幕した。林芳正外相はビデオメッセージを送り、「建設的かつ安定的な日中関係の構築という共通の方向性を、双方の努力で加速していくことが重要だ」と述べた。その上で「新型コロナウイルスで激減してしまった両国間の国民交流をしっかりと戻していく必要がある」と強調した。

中国の王毅国務委員兼外相もビデオメッセージを寄せ、「国交正常化を実現したときの初心と使命をもう一度思い起こし、中日関係が正しい方向に沿って持続的かつ安定的に前進できるよう推し進めていく必要がある」と述べた。

一方、王氏は「歴史や台湾の問題は両国関係の政治的根幹に関わり、一線を越えてはならない」と指摘。香港や新疆(しんきょう)ウイグル自治区についても「中国の内政であり、干渉すべきではない」と日本側を牽制(けんせい)した。

フォーラムは日本の民間非営利団体「言論NPO」などが主催し、東京と北京の2会場をオンラインで結んで8日まで行われる。

日中フォーラム開幕 国交50年、関係在り方探る

会員限定記事会員サービス詳細