ヤフオク装い売上マネロンか 大麻クッキー密売の3人追送検

大麻の密売代金を受け取る際、インターネットオークションサイト「ヤフオク!」への振り込みを装いマネーロンダリング(資金洗浄)したとして、東海北陸厚生局麻薬取締部は、麻薬特例法違反(犯罪収益仮装)などの疑いで、名古屋市中区の無職、小野寺翔容疑者(26)ら密売グループの男3人を追送検した。9月9日付。

追送検容疑は今年3~5月、108回にわたり、共謀して北海道在住の女性らに販売した大麻や大麻クッキーの代金計434万9500円を、振込人の名前を「ヤフオク」などと指定して銀行口座に振り込ませ、事実を仮装するなどしたとしている。

同部によると、小野寺容疑者が指示役とみられる。3人はツイッターで募った客に大麻クッキーの販売を繰り返していた。

会員限定記事会員サービス詳細