西バルカンEU加盟へ加速中露抑止狙い関係強化

EUのミシェル大統領
EUのミシェル大統領

欧州連合(EU)と、アルバニアなどEU加盟を目指す西バルカン諸国の6カ国は6日、アルバニアの首都ティラナで首脳会議を開き、6カ国のEU加盟に向けた動きを加速させることを盛り込んだ「ティラナ宣言」を採択した。ロシアのウクライナ侵攻や中国の軍事的台頭を受け、EUは6カ国への中露の影響力抑止を狙い関係強化を図った。

EUのミシェル大統領は終了後の記者会見で「西バルカン諸国がEUに入れば(EUの)子どもたちの未来はより安全で豊かになる」と述べ、6カ国の加盟に向け強い意欲を示した。

6カ国はアルバニアとセルビア、モンテネグロ、北マケドニア(旧マケドニア)、ボスニア・ヘルツェゴビナ、コソボ。

宣言は、6カ国が汚職対策や法の支配の確立など一層の内政改革を実行することを条件に「EUは加盟プロセスの加速を求める」と指摘。「ロシアの侵攻は欧州と世界の平和と安全を危険にさらしている」として、EUと西バルカン諸国の戦略的パートナーシップの重要性を強調した。

西バルカン諸国経由でEU域内に流入するシリアなどの移民・難民が今年に入り急増している問題への対応も議論。EUは不法移民対策などのため西バルカン諸国への財政支援の強化を約束した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細