先端半導体「米がリード」 バイデン大統領、TSMC視察

TSMCの新工場建設を祝う式典で演説するバイデン米大統領=6日、アリゾナ州フェニックス
TSMCの新工場建設を祝う式典で演説するバイデン米大統領=6日、アリゾナ州フェニックス

バイデン米大統領は6日、半導体受託生産の世界最大手である台湾積体電路製造(TSMC)が米西部アリゾナ州フェニックスに建設中の新工場を視察した。建設を祝う式典で、TSMCによる先端半導体の製造拠点の新設が「同州で史上最大の海外投資だ」と歓迎し、アジア依存を減らし自国生産を拡大する考えを表明した。「米国は世界経済をリードする上で、他の国よりも有利な立場にある」と競争力強化に向けて自信を示した。

TSMCは式典に先立ち、同州での投資総額を従来計画の3倍以上となる400億ドル(約5兆5千億円)に引き上げると発表。2024年に回路線幅4ナノメートル(ナノは10億分の1)の先端半導体の生産を開始する予定の新工場に加え、さらに性能の高い3ナノメートル型の工場も設け、26年から生産する。二つの工場で年間100億ドル規模の売上高を見込む。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細