PK戦1番手の南野、失敗に涙

PK戦の末、クロアチアに敗れ泣き崩れる南野(下)を支える伊藤(右から2人目)ら=アルワクラ(共同)
PK戦の末、クロアチアに敗れ泣き崩れる南野(下)を支える伊藤(右から2人目)ら=アルワクラ(共同)

サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本はクロアチアとの決勝トーナメント1回戦にPK戦の末、敗れた。

後半42分からピッチに立った南野はPK戦で1番手を務めたが、右下を狙ったキックはコースが甘く、相手GKに難なく阻まれた。かつて「チャンスがあるんだったらいつもPKは蹴りたいと思うタイプ」と話していたアタッカー。敗退が決まるとピッチに突っ伏し、背中を震わせた。

前回大会後に代表に定着し、強豪リバプール(イングランド)などで経験を積んできた。だが背番号10を背負った自身初のW杯は全て途中からの3試合出場にとどまり、悲願のかかったPK戦でも不本意な結果に。失意を隠せず、報道陣の呼びかけに応えることなく会場を後にした。(共同)

「選手は新時代見せてくれた」 森保監督の一問一答

会員限定記事会員サービス詳細