元神戸市職員に実刑、タクシーの女性をバイクで追跡し性的暴行

神戸地裁=神戸市中央区
神戸地裁=神戸市中央区

酒に酔った面識のない女性に性的暴行をしたとして、準強制性交や強制わいせつなどの罪に問われた元神戸市環境局職員、中根聖敬被告(38)=同市中央区、懲戒免職=に神戸地裁は6日、懲役4年6月(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

小倉哲浩裁判長は判決理由で、泥酔した女性が乗ったタクシーをバイクで追いかけ、降車した女性の介抱を装い自宅に行き犯行に及んだと指摘。2週間後にも女性宅に侵入してわいせつ行為をし、「執着心があり卑劣で悪質だ」とした。

判決によると7月30日朝、市内の女性宅で、酒に酔い抵抗できない状態の女性に乱暴。8月13日朝にも女性宅に侵入し、わいせつな行為をした。

会員限定記事会員サービス詳細