成長期す田中「化け物になる」 三笘のそば離れず

クロアチアとのPK戦で試合に敗れ、がっくり肩を落とす三笘薫(中央)ら日本イレブン=アルジャヌーブ競技場(蔵賢斗撮影)
クロアチアとのPK戦で試合に敗れ、がっくり肩を落とす三笘薫(中央)ら日本イレブン=アルジャヌーブ競技場(蔵賢斗撮影)

サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本はクロアチアとの決勝トーナメント1回戦にPK戦の末、敗れた。

1次リーグのスペイン戦で決勝点となるゴールを決めたMF田中は、1―1の延長後半に投入されたが、決定的な仕事ができなかった。悔いを残して初のW杯を終え「こんな経験を二度としたくない。化け物になって必ずここに戻りたい」と成長を期した。

PK戦は仲間を見守った。「誰が蹴っても素晴らしい選手。ただただ悔しい」と振り返る。小学生の頃から一緒にプレーしてきた三笘は2人目で失敗。「行かないといけないなと思って」と、試合終了後はそばを離れなかった。(共同)

日本、ワールドカップ8強ならずも、今後への可能性を示す

会員限定記事会員サービス詳細