6日も無人機攻撃? ウクライナ、露を長距離攻撃か

ゼレンスキー大統領(大統領府ホームページより、共同)
ゼレンスキー大統領(大統領府ホームページより、共同)

ロシアが侵略を続けるウクライナの前線から数百キロ離れた露西部リャザニ州のジャギレボ空軍基地と南西部サラトフ州のエンゲリス空軍基地で5日朝、爆発が起き、燃料タンク車などが炎上した。複数の露メディアが伝えた。露国防省は爆発について「旧ソ連製の無人航空兵器」によるウクライナ軍の攻撃だったと指摘。撃墜したものの、基地にいた軍人3人が死亡したほか、航空機2機が軽い損傷を受けたと主張した。

両基地はウクライナへのミサイル攻撃を続ける露爆撃機などの発着拠点。ウクライナは基地への攻撃について否定も肯定もしていないが、同国のポドリャク大統領府長官顧問は5日、交流サイト(SNS)上で、自軍による攻撃だったことを示唆。米紙ニューヨーク・タイムズも「ウクライナ軍のドローン(無人機)攻撃だった」と報じた。ウクライナメディアは、損傷した2機は露長距離戦略爆撃機「ツポレフ95」だと伝えた。

ウクライナの攻撃だった場合、露軍の2月の侵略開始後、最も深い露内陸部への攻撃となる。今後、ウクライナが露国内の軍事施設などへの攻撃を増やし、ロシアが「報復」攻撃を激化させるなど、戦況は新たな局面に入る可能性がある。

また、露南西部クルスク州の知事も6日、州内の軍用飛行場がドローン攻撃を受け、燃料貯蔵施設で火災が発生したと報告した。

一方、露軍は5日午後、ウクライナ各地の電力インフラなどに大規模なミサイル攻撃を行った。ウクライナのゼレンスキー大統領は同日のビデオ声明で、露軍が発射した70発のミサイルのうち大半を撃墜したが、一部が着弾して4人が死亡したと発表。電力インフラの損傷により、各地で停電が起きていると説明した。

会員限定記事会員サービス詳細