AV新法違反疑い初立件、映像制作会社役員を再逮捕

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

アダルトビデオ(AV)に出演した女性に契約書を交付しなかったとして、警視庁保安課は、AV出演被害防止・救済法違反容疑で、映像制作会社役員、角谷貴史容疑者(50)=東京都品川区=を再逮捕した。容疑を認めている。6月に施行された同法違反容疑での立件は全国初。

AV出演被害防止・救済法は、女性が出演を強要されることを防ぐため議員立法で成立。出演者に契約書を交付して内容を説明することを制作者側に義務付けている。

再逮捕容疑は今年8~10月、自身が制作、出演するAVに出演した20~50代女性3人に対し、出演契約事項が記された契約書を7回にわたり交付しなかったとしている。

角谷容疑者は、先月、インターネット動画サイト「FC2」に無修正AVをアップロードしたとして、わいせつ電磁的記録陳列の疑いで逮捕、起訴された。捜査を進める中で、一部の作品について、契約書を渡していなかったことが発覚したという。

保安課によると、契約書を交付されなかった女性3人は「無修正の作品と知らされていれば、出演しなかった」などと話しているという。

会員限定記事会員サービス詳細