安吾、幻の探偵小説発見 全集未収録、文芸誌掲載へ

戦前のタブロイド紙に掲載されていた坂口安吾の小説「盗まれた一萬圓」(新潮社提供)
戦前のタブロイド紙に掲載されていた坂口安吾の小説「盗まれた一萬圓」(新潮社提供)

「堕落論」「白痴」などで知られる作家坂口安吾(1906~55年)がデビュー間もない20代半ばに執筆した「探偵小説」が見つかったことが6日分かった。戦前のタブロイド紙に発表していたが、全集などには未収録で、長らくその存在は知られていなかった。識者は「全くの新資料」と説明。7日発売の文芸誌「新潮」に掲載される。

小説は「盗まれた一萬圓」と題された、400字詰め原稿用紙30枚ほどの短編。週刊紙「東京週報」33年10月15日号に発表された。旧家を舞台に、書斎から1万円が消えたという導入から、語り手の医師が「名探偵」として捜査に乗り出す物語。「坂口安吾大辞典」の編集者の一人で千葉大教授(日本文学)の大原祐治さんが今年、都内の古書店で購入した「東京週報」の合冊本の中から発見した。

会員限定記事会員サービス詳細