現場に自殺装った形跡 「おでん東大」店主殺害

おでん店主殺害事件で捜査本部を設置し、記者会見する沖縄県警の幸喜一史刑事部長=6日午後、那覇市
おでん店主殺害事件で捜査本部を設置し、記者会見する沖縄県警の幸喜一史刑事部長=6日午後、那覇市

那覇市にある人気店「おでん東大」の店主、長浜美也子さん=当時(58)=が首を絞められるなどして死亡し、殺人容疑で娘夫婦が逮捕された事件で、沖縄県警は6日、ひも状のものを使って自殺を装った形跡が現場にあったと明らかにした。計画的だった疑いが強いとみて、動機や経緯を詳しく調べる。

県警によると、8月10日午後5時15分ごろ、連絡が取れず不審に思った知人が、店が入るビルの2階で長浜さんを発見し110番。店には現金など貴重品が残されていた。9日から店は休みで、県警は何らかの理由で呼び出されたとみている。

逮捕されたのは、長女の無職、許田(きょだ)美香容疑者(34)と、その夫で職業不詳、盛哉容疑者(34)。8月9日ごろ、店が入る那覇市安里のビルで、首を絞めるなどして窒息死させた疑いがある。県警は2人の認否を明らかにしていない。

長浜さんは娘夫婦を経済面で支援し、孫をかわいがっていたという。配偶者はおらず、相続の対象者は許田容疑者だけだった。

会員限定記事会員サービス詳細