佐賀で鳥インフル陽性確認、3万羽殺処分

佐賀県は6日、武雄市の養鶏場で見つかった高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例に関し、遺伝子検査で陽性を確認したと発表した。この養鶏場で飼育する採卵鶏約3万羽の殺処分を始めた。県内で鳥インフルエンザの確認は約5年ぶり。

県は、発生場所から3キロ以内にある養鶏場からの家禽や卵の移動を制限したほか、周辺を通行する養鶏関係の車両の消毒も開始した。県は6日午前に対策本部会議を開き、山口祥義知事が県内全域の家禽農場に対し消毒命令を出した。

5日朝に「朝の見回りで死んだ鶏の数が多い」と県に通報があり、簡易検査では26羽中25羽が陽性だった。

会員限定記事会員サービス詳細