人気おでん店の女性店主死亡、殺人と断定 沖縄県警が捜査本部設置へ

那覇市にある人気おでん店の50代女性店主が8月に死亡し、沖縄県警は女性が倒れていた現場の状況などから殺人事件と断定、近く捜査本部を設置することが6日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、女性は「おでん東大」の店主で、建物内で心肺停止の状態で見つかった。

おでん店は、旅行ガイドブックにも掲載される人気店で、沖縄都市モノレール(ゆいレール)安里駅近くの居酒屋など飲食店が軒を連ねる通称「栄町」にある。6日午前、シャッターは下ろされ、閉店を告げる紙が張られたままになっていた。

近くの食材店によると、20年以上前からおでん店に野菜を卸していたといい、店員の上原壮介さん(20)は「真面目でこだわりのある料理を作る人。トラブルに遭うような人ではなく、信じられない」と驚いていた。


会員限定記事会員サービス詳細