日本、PK戦3人失敗 死闘の末の「わずかな差」

【クロアチア-日本】PK戦の末に敗れ、ピッチに突っ伏す南野(中央)に声をかける長友(左手前)ら=12月5日、アルジャヌーブ競技場(蔵賢斗撮影)
【クロアチア-日本】PK戦の末に敗れ、ピッチに突っ伏す南野(中央)に声をかける長友(左手前)ら=12月5日、アルジャヌーブ競技場(蔵賢斗撮影)

クロアチアの4番手、パシャリッチの蹴ったボールが、GK権田が跳んだ反対側の左のネットを揺らす。その瞬間、8強以上を目指した日本の戦いが終わった。サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会の決勝トーナメント1回戦で、日本は1―1からのPK戦で敗れた。ピッチに突っ伏し、背を震わせる南野。三笘は両手で顔を覆った。死闘の末にもつれ込んだPK戦はまさかの3人失敗。2人と同じく、自らも決められなかった主将の吉田は「明日もみんなで練習したかった。少しでも長く、このチームでやりたかった」と思いを絞り出した。

延長を含めた120分で決着が付かず、迎えたPK戦。先蹴りの日本は1番手の南野、続く三笘が止められる。3番手の浅野は決めたものの、4番手の吉田も相手GKに阻まれた。対するクロアチアは4人のうち3人が決め、5番手に控えていた遠藤に順番が回ってくることはなかった。

PK戦のキッカーは志願した選手から、選手たち自身で選んだという。「蹴った責任はある。僕よりも強い気持ちを持っている人たちに対して申し訳ない」と三笘。森保監督は「勇気を持ったチャレンジを見せてくれたことをたたえたい」と選手を責めなかった。

1次リーグでドイツとスペインを破った力は、前回準優勝チームに対しても示した。前半43分、今大会で初めて先制。だが後半10分に追い付かれると、今大会の勝ちパターンとは逆に攻撃が次第にかみ合わなくなった。

終盤は、相手が確かな技術でパスをつないだのに対し、日本は徐々にずれが目立った。高いレベルの攻防が続き、疲労が表れたときに露呈した技術の差。森保監督は「ハイスピードの中でコントロールして試合を優位に進めるという意味では課題に考えないといけない」。運が大きく左右するとされるPK戦でも、極限の疲労の中でボールを強く確実にコントロールした相手との差はあった。

2度にわたり、世界を驚かせる金星を挙げた。それでも目指してきた8強入りには今大会もあと一歩、及ばなかった。遠藤は全ての感情を押し殺し「次のW杯に向けた準備は今日から始まる」と語った。この悔しさと突きつけられた課題を糧に、4年後に向けて歩んでいく。(大石豊佳)

会員限定記事会員サービス詳細