日銀政策検証「時期尚早」 黒田総裁、目標実現に至らず

日銀の黒田東彦総裁(代表撮影)
日銀の黒田東彦総裁(代表撮影)

日銀の黒田東彦総裁は6日の衆院財務金融委員会で、大規模金融緩和や物価2%上昇目標を検証する考えがあるかどうかを問われ「金融政策の枠組みなどについて具体的に論じるのは時期尚早」と述べた。賃金の上昇を伴う形での目標実現には至っていないことを理由に挙げた。

立憲民主党の道下大樹氏への答弁。大規模緩和を巡っては、円安を通して輸入品の価格上昇に拍車をかけているとの批判や、国債の大量買い入れが政府の財政規律を緩めているとの懸念から、検証が必要との指摘が強まっている。

会員限定記事会員サービス詳細