日本敗退、ワールドカップ関連株に失望売り 東京市場

東京証券取引所=東京都中央区
東京証券取引所=東京都中央区

サッカーのワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦で日本がクロアチアに敗れたことを受け、6日の東京株式市場ではW杯関連株の下落が目立った。W杯への関心の高まりを受けて上昇が続いていたが、失望売りが出た。

英国風パブ「HUB」で試合を放映するハブは一時、前日終値比10%超安の633円を付けた。インターネットテレビ「ABEMA」で全試合を無料で中継するサイバーエージェントも前日終値から79円安い1202円まで下落する場面があった。

市場関係者は「予想を上回る日本の快進撃が続いていただけに反動が大きかった」と語った。

セルジオ越後さん「大いに反省すべき」 ワールドカップ識者コメント

会員限定記事会員サービス詳細