教授会でパワハラ、2教授を停職処分 早稲田大

早稲田大の大隈記念講堂=東京都新宿区
早稲田大の大隈記念講堂=東京都新宿区

早稲田大は5日、教授会でパワーハラスメントがあったとして、スポーツ科学学術院の50代男性教授を、同日付で停職2カ月の懲戒処分にしたと発表した。同じような行為をした同学術院の60代男性教授も8月1日付で停職1カ月の懲戒処分にしていたことも明らかにした。

早大によると、50代男性教授は令和2年12月と3年1月に開催された教授会で、不適切な報告や提案をしたことで「複数の教員に著しい不快感を与え、尊厳を損なった」などと認定された。早大は事実関係の詳細を明らかにしていない。

60代男性教授も2年12月の学内会議でパワハラ行為があったなどとしている。早大は、50代男性教授の行為と関連があるが「関係者のプライバシーを保護する必要があるため」として、詳しい説明をしていない。

会員限定記事会員サービス詳細